自己破産の悩みは債務整理で解決!

自己破産の悩みは債務整理でリセットできる!
自己破産!自己破産の悩みは債務整理でリセットがおすすめ!!
自己破産相談は今すぐしてください!
自己破産や債務整理でリセット!
債務整理 借金相談 支払い追われるカード

取り立て止める無料相談で借金返せない悩み解決できます!
とにかく無料相談で解決の糸口見つけましょう!
債務整理とは、
消費者金融からの借金、クレジットカード、住宅ローン等多重債務に陥った人が法的または任意にその借金を整理する手続のことです。

債務整理の手続き

債権者である消費者金融に利息を払い過ぎた人は
司法書士や弁護士相談で払い過ぎた借金の利息や過払い金を返還請求できます
カードローンや住宅ローンの債権者から金利を言われるままに長期間支払いつづけたらクレジット会社などの支払いを洗い直し消費者金融会社から過払い金の請求ができます

債務整理・ローンの司法書士や弁護士相談の費用は安い!

債務整理と自己破産

借金弁護士
債務整理と自己破産は、同じような意味に捉えられがちですが、全く違うものです。

借金の相談は弁護士に納得のいくまでする必要があります。

借金弁護士の相談で現実を知りましょう!

債務整理と自己破産を検討する場合の注意点

借り入れが多額になってしまった場合や多重債務で支払いを滞ってしまった場合には、債務整理や自己破産の申請を考えることも大切です。

自分の収入を上回ってきた借金の返済はもはや不可能であることを早く自覚することが重要です。

債務整理と自己破産は、同じような意味に捉えられがちですが、全く違うものです。

債務整理とは、借り入れた債務を返済可能な金額にすることで、返済をしやすくするしたり、過払い金が発生している場合には過払い分を償還してもらうことを指します。

一方で自己破産は、借り入れている金額の全てにおいて免責を受けることです。
この違いを理解すること
この違いを理解した上で、自分が債務整理談をすべきか

自己破産の申請をすべきかを判断することが重要です。

いずれの方法を選ぶにしても、弁護士に相談することが大切です。

弁護士へ相談する場合には、まず無料相談を受けることをお薦めします。

お住まいの市町村などにある弁護士相談窓口で、自分の債務の状況を詳しく相談することが、まず最初にすべきことです。

その際には、弁護士にも債務の状況が把握できるように、借り入れ先の金融会社についてや債務の返済状況、借り入れ残高、返済している期間などの情報を整理しておくと良いでしょう。

弁護士はこれらの情報に基づいて、法律の観点から適切なアドバイスをしてくれますので、まずは債務の状況をできるだけ整理しておくことが大切です。

弁護士に相談をして今後の方針が決まった場合は、弁護士に正式に債務整理または自己破産の申請を依頼する契約をすることになります。

債務整理をする場合には、弁護士が債権者である金融会社に対して、借り入れ状況に対する情報開示を請求していくことになります。

そのため、金融会社が情報開示をするまでの期間から債務整理の手続きが完了するまでは、一定の期間がかかることを覚悟しておきましょう。

その間の返済などについては、弁護士の指示に従っていくことが重要です。

直接金融業者と交渉する方法と比較にならないほど見事な手腕を見てみたくありませんか?

借金 弁護士 相談:債務整理と自己破産

債務整理の一方法である 自己破産について

債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産という方法があります。どの方法があっているかは借金の額や借り手の困窮度によって決めます。

任意整理というのは当事者の話し合いによって借金を返済、整理することです。

借金の額が少ない場合で、連帯保証人がいる、借り手と貸し手が友人である、破産者になりたくない場合などに利用します。

株式会社の取締役、弁護士、税理士などは欠格事由になりなす。

特定調停は借金のため経済的に破たんする恐れのある特定債務者に適用されます。

調停ですから話し合いが行われますが、返済の予定が立たない場合は成り立たない方法ですから使えない制度です。

話し合いだけで、両者が合意しなければ意味がないともいえます。

個人再生には小規模個人再生と給与所得者等再生があり、それぞれに決められた要件があります。

返済計画が認可されれば、返済が開始され、計画以外の債務は免除されます。

将来にわたり安定収入が見込めない人や借入金総額が5000万円を超える人は使えません。

しかし自己破産のように自宅を失うことはありません。

この点が大きなポイントになります。

自己破産というのは困窮度が一番高い場合の債務整理の手段です。

返済不能の人が破産宣告を受けて破産者になり、借金の返済を免除してもらうことです。

借金が免除される代わりに差押え禁止財産以外の財産は失い、借金も財産もないという状態からの再スタートということになります。

自己破産は返済不能ということが要件で、地方裁判所に申し立て裁判所が決めます。

自己破産の宣告を受けると会社をクビになるとか、選挙権がなくなるとか、年金が受けられなくなるとかの憶測が飛んでいますが、それらは皆嘘です。

そして自己破産後に取得した財産については全く自由です。

コレもよく理解しておく必要があります。

再スタートのための制度ですから生活に必要なものは残されます。

引越しや旅行などにも制限はありませんので返済不能になった場合は早く手続きを取ることが生活再建の早道でもあるでしょう。

自己破産は人生をリセットできるといっても過言ではありません。

債務超過に陥った人を助けるための制度なのです。

メリットのほうが多いのだからよく検討しましょう!